費用と整形手術の種類を知れば綺麗な二重になれます

バレないコツ

鏡を見る人

ダウンタイムの過ごし方

整形手術を受ける際に、手術内容や費用のことと同じくらい大事なのがアフターケアの過ごし方です。特にまぶたを二重にする施術は、生活する上で大事な目周辺の手術でもあるため、きちんとケアをしましょう。ケアをしっかりしなかったことで、手術をしたことがバレてしまうこともあります。最近では整形手術の敷居も低くなったとはいえ、コンプレックスを解決するためにわざわざ手術をしたと思われたくないという人もいます。腫れたまま放置していると、糸や縫合した部分が傷となって周囲の人に気づかれやすくなってしまうことがあります。綺麗な二重を保つためにも、医師からアフターケアやダウンタイムに関する注意点はしっかり聞きましょう。手術直後に目をこすらないようにすることはもちろん、入浴も控えなければならないこともあるのです。目をこすったりしてしまうと埋没法だと糸が外れてしまうこともあるため、せっかく費用をかけて手術を受けたとしても無駄になってしまいます。費用の中には痛み止めや化膿しないための薬を処方するための料金も含まれていますので、安心して施術を受けることができるでしょう。

バレないようにする

腕の良い医師を選んで、化膿しないように気をつけて過ごしたとしても、周囲の人に二重の整形手術をしたとバレてしまうことがあります。それは、急に目の印象が変わりすぎてしまったことによって生じる問題です。スッとした一重だった人が、急に目が大きくなって二重になってしまうと印象が違いすぎるので、気づかれやすいのです。ただでさえ目は人に見られやすい身体のパーツなので、変化が分かりやすいといえます。そのため、あまりバレたくないのであればコツを知ることが大事です。一つ目のコツは、自分の目に近い施術をすることです。キリッとした一重であれば、奥二重にすると気づかれにくいですし、幅の狭いラインにすれば良いでしょう。二つ目は、埋没整形法を利用することです。切開法でもまぶたが折りたたまれるラインに沿って施術をしますので、気づかれにくいのですが、埋没法ならダウンタイムも少ないですし、自然なしわをまぶたにつくることができます。費用も安いのが魅力ですし、そして気に入らなければ糸を外すだけで元に戻るのです。費用も共に考えながら、バレないようなコツを掴んでいきましょう。